岐阜のネイルサロン どこがオススメ?

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

岐阜市内には多くのネイルサロンがあり、初めて岐阜でネイルサロン選びをするから、どこへ行けばよいのか分からなかったり、どうも毎回満足できずに、毎回、岐阜市内のいろいろなネイルサロンへ行っているという方も多いのでは?

 

こんなんだったら、もうお金返して欲しいぐらい・・・
対応・接客が嫌な感じで、もう二度と行きたくない・・・

 

こういった岐阜のネイルサロン選びで後悔しないためには、何に気を付けておけば良いのでしょう?

 

以下にいくつか岐阜のネイルサロン選びをする際のポイント・コツをまとめておきましたので、参考にしてみてください。

初回の値段だけで決めるのは・・・

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

ネイルサロンでありがちなのが、初めての方限定で安く割引をしてくれるキャンペーンをやっているケース。岐阜に限らずどこのネイルサロンでも多く見かけます。また、ネイルサロンだけでなく、同じ美容関係で言えば、脱毛サロンやエステサロンなどでも初回のキャンペーンはやっていますよね。

 

ネイルサロンの場合は、たいてい、3週間に1度くらいのペースで通うことになりますので、初回だけ格安料金でもあまり意味ないですよね。長い目で見れば。まあ確かに安いのは嬉しいことではありますが。ただ、初回キャンペーンの料金の安さだけでつられてネイルサロンを選んでしまうのはいかがなものかな、というのはあります。

 

初回はたいていオトクなので、岐阜市内にある様々なネイルサロンの初回キャンペーンだけを受けに、何件か順番に行っている・・・なんていう女性もいますが、信頼の置けるネイルサロンを一件・信頼のできるネイリストさんを1人見つけて担当してもらうのほうが安心感はあります。

 

好みのジェルネイルのデザインを分かってもらえて毎回やりやすいというのもありますし、爪をいつまでも健康的に維持していくという意味合いにおいても、岐阜で一人良いネイリストさんを見つけて担当してもらうというのが良いでしょう。

ネイル経験があまりない場合

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

ジェルネイルなどをやったことがない方、もしくは数えるほどしかやったことのない方は、あらかじめ電話予約の段階でそのことを伝えておくと良いかと思います。

 

その時に、電話での説明、もしくら来店した時の説明が、ネイル初心者向けに丁寧ではなかったり、ということがあれば、ちょっと嫌な気持ちになってしまいますよね。

 

ネイルの経験が少なければ、知識も少なくて当たり前です。「ジェルネイルって何ですか?」「スカルプチュアって何ですか?」ぐらいでいいと思いますよ。何も恥ずかしがる必要はないのです。

 

それに対して丁寧に教えてもらえないようなネイルサロンであれば、やめておいたほうが良いかもしれません。

ネイリストの保有資格は?

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

岐阜のネイルサロンを選ぶ時には、在籍しているネイリストさんの持っている資格をチェックするようにすると良いと思います。ネイリストの資格を持っていれば、ホームページなどに書いてあるはずですので。ネイリスト技能検定2級以上は欲しいところです。

 

そもそも、ネイリストには国家資格はないので、例え、ネイリスト技能検定などの検定に合格していなかったとしても、勉強したことがなかったとしても、ネイリストとしてネイルサロンをオープンできるという、少し怖い面も持ち合わせた業界でもあるのです。

 

ネイルが好きでセルフでやっているうちに、「私ってうまいかも・・・ネイルサロン開いちゃおう!」というノリで自宅でサロンを開いてしまう、そんな方も中にはいるので注意したいところではありますね。

 

そもそも、中途半端な気持ちではなく「ネイリストとして私は生きていくんだ!」ぐらいの気持ちをもっている方であれば、スクールに通うなどして検定合格を目指し、そこからネイルサロンで働く、というのが普通ですので。そこで経験を積みながら、さらに上の検定も目指す。もしくはもう持っている。そんなネイリストさんに担当してもらいたいもんですよね。

どんな雰囲気?内装は?

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

ジェルネイルはたいてい来店から2時間程度は時間がかかりますので、ホームページなどで店の雰囲気や内装などを確認してから行くようにすると良いかとは思います。

 

そんなの気にしない。という女性もいらっしゃるかもですが、2時間もいることになるので、あまりに自分の好みではない空間にいるというのは苦痛になってしまう可能性もあります。

 

まれに、ホームページ・ブログなどには、店内の写真ではなくイメージ写真のような写真しか載っていないサロンもありますので注意しましょう。ホームページの雰囲気だと思って行ってみたら実は全然違った雰囲気のネイルサロンだったなんてことも無きにしも非ずなのです。

 

岐阜の中でも本当にいろいろな内装・雰囲気のネイルサロンがありますから、あなたの好みに合ったサロンを選びたいところです。もちろんネイリストさんの質も大事ではあるのですが。

 

内装にお金を使っているところを選ぼう!と言っているのではもちろんありません。清潔感さえあれば落ち着いた雰囲気のシンプルな内装で良いという方もいるでしょう。家でリラックスしながらネイルしているような雰囲気が良いという女性の場合には、別に内装が高級である必要はないでしょう。

ネイルサロンに行く前に、ネイルの基礎知識を身に付けておきましょう。

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

ネイルサロンでは爪の装飾や爪の手入れといったことをしますが、爪に関することは意外に知られていません。例えば、爪はどれぐらい速さで伸びるのかご存知でしょうか。大人の場合は1ヶ月に3ミリから4ミリ伸びます。爪全体が生えかわるには、およそ4ヶ月から6ヶ月かかると言われています。

 

爪の各部分の名称はネールサロンでよく使われるので、覚えておいた方が良いでしょう。爪がピンクになっている部分はネイルヘッドと呼ばれます。ネイルヘッドの装飾やケアはネイルサロンでよく行われています。爪先はフリーエッジ、爪の両側の部分はネイルウォールと呼ばれます。イエローラインはネールアートの時に使われる名称で、爪が皮膚から離れている部分のことです。爪の根元にある白い部分は、ルヌラと呼ばれます。

 

自分でするネイルのことをセルフネイルと言います。セルフネイルをする場合は、爪の表面の油分をきちんと取り除くことが大切です。その後にベースコートを端から塗っていきます。それが終わったら、カラーを端の方から塗ります。端の方から塗るとカラーが長持ちします。端が終わったら、爪の根元の筆をおき、そこから甘皮の方へ筆を動かします。それが終わったら、爪の端に向かって一気に筆を動かしていきます。ベースコートを塗り終わったら、トップコートを塗っていきます。トップコートの塗り方はベースコートの塗り方は逆になっています。爪の中央の方からサイドのほうへ塗ります。中央から塗った方が、トップコートの色が長い間持続します。色を塗った時にはみ出した部分は、スティックを使って修正します。このスティックは先の方にコットンを巻いて、そのコットンにリムーバーを含ませておきます。

 

ネイルカラーを落とすときは、スティックを使います。カラーが爪からはみ出した時に使ったスティックと同じものです。コットンを使うのがポイントで、スティックの先でコットンをすくって巻きつけます。このスティックはカラーが落ちにくいサイドや甘皮のケアに特に役立ちます。

人気のセルフジェルネイルキット

TPOに合わせたネイルデザイン

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

女性の指先を美しく演出してくれるネイル、非常に小さな面積ながら、こういった細部のお手入れがきちんと行き届いている女性は、異性から見ても魅力的です。しかしせっかくのおシャレが、時には逆効果になってしまうこともあるので、TPOに合わせたネイルデザインを選択し、指先がはげかかってしまっていたり、ジェルがところどころ取れていたりすることのないように、メンテナンスにも気を配りましょう。

 

ネイルサロンでは、幅広いデザインの中から、予算も視野に入れながら、顧客の好みに応じたデザインを選べるようにしていますが、その中から、何を基準に選択すればよいのかというと、やはり自分の年代や服装、仕事を持つ女性の場合であれば、職種などによっても決めていかなければなりません。どんなに美しく、ネイルブックに出てくるようなデザインであっても、自分の生活環境に合っていないものは、周囲からの違和感も強く、その方の品性、品格を引き下げてしまいます。ネイルデザインにしろメイクアップにしろ、独りよがりになってしまっていては、決しておシャレであるとはいえないので、好みだけを優先するのではなく、自分の置かれている環境にふさわしいものを選択しましょう。

 

どうしても決めかねてしまう場合には、遠慮なくネイリストに相談して見ることをお勧めします。自分の好みのカラーなどをベースに、季節感が得られるものをデザインの中に組みこんでみたり、イベントなどに参加する場合であれば、そのイベントに関連するものを入れてみたりといった楽しみ方も素敵です。そして最も重要なことは、予算が決まっているのであれば、あらかじめその旨をしっかりと伝えておくことで、ネイルデザインの場合、自分なりにカスタマイズしていくと、どんどん追加料金が上乗せされることも珍しくはなく、最終的に思っていたよりも高くなってしまったということも多いのです。予算を決めておけばその分デザインも絞りこみやすくなり、自分の好みに沿ったデザインに仕上げてもらえます。

スカルプチュアとは、アクリル樹脂の板を使って、爪を長くしていく技術です。

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

爪を上手く伸ばせず、希望するデザインを楽しめないと考える人は少なくありません。

 

ですが、スカルプチュアの技術を使えば、爪の長さや形を自由に整えていく事が出来ます。
ジェルネイルと近いイメージを持つ人もいますが、ジェルネイルというのはジェルをUVライトやLEDライトで硬化させていくのに対し、スカルプチュアは硬化させなくても固まるアクリル樹脂を使って爪を伸ばしていきます。

 

更に、爪を伸ばす際には、まず爪の先端部分にアクリル樹脂の薄い板をつけ、その上に樹脂を塗り、更に爪とアクリル板の間の隙間を埋めるように樹脂を塗って下地を作っていく事になります。

 

ジェルの場合、ライトを照射しないかぎり、固まる事がない為、硬化させるまでは何度でもやり直しが可能となるのに対し、このアクリル樹脂は時間と共に硬化していく事になります。

 

その時間は1分から2分程度と短く、素早い作業が必要になってきます。
その為、慣れなければ上手く出来ないという事も少なくありません。

 

ただ、基本的なやり方さえマスターをしておけば、爪の長さや形を自由自在に楽しむ事が出来ます。
ジェルネイルの場合、硬化させる事で、ネイルを長持ちさせる事が出来るというメリットがありますが、爪を長くするという事は出来ません。
爪を上手く伸ばせない人の場合、伸びる範囲の爪の長さで、爪を綺麗な形にカットし、そこにジェルネイルを施す事しか出来ない為、出来るデザインに限界があると感じてしまう事も少なくありません。

 

それに対して、スカルプチュアであれば、爪を上手く伸ばせない人であっても、とても様々な種類のデザインを楽しむ事が出来るようになる為、爪を伸ばしにくい人は、この技術を覚えておいて損はありません。

 

スカルプチュアとは、手軽に爪の長さを自由自在に変える事が出来るネイルの事です。
ジェルネイルのように硬化させる必要がない事も特徴となっています。

ネイルチップの便利なところ

 

≪岐阜のネイルサロンなび≫ジェルネイル・スカルプ・オーダーチップ

 

ネイルチップは爪に張ることで仕事や学校など、普段ネイルができない人でも簡単にネイルを楽しむことができるアイテムです。爪につけるだけですので、自爪ではできない大胆なデザインをすることもできます。

 

ネイルチップの種類はさまざまあり全部で10サイズが基本で、メーカーによって幅や長さなどが異なってくるため、通販などで購入する場合にはきちんと自分に合ったタイプのものを選んでいく必要があります。大きく分けて、自爪に近い長さで生活のしやすいショート、やや長めで人気のあるショートオーバル、ブライダルネイルで人気の一番長いミディアムオーバルなどに分けられています。また、足の爪用のものも販売されているため足を彩りたいときにおすすめです。

 

また、爪の形もさまざまなタイプがあり、カーブがゆるめの四角いスクエアタイプのものから先端が丸いラウンドタイプ、四角い定番のスクエアタイプなどがあります。カーブも自分の爪の形状に合った物を選ぶことができ、一般的に巻き爪と呼ばれる爪全体の丸みが強いラウンドタイプ、全体的に丸みが少なく爪自体が平らなフラットタイプからも選ぶことができるようになっています。

 

選び方としては、柔らかいメジャーを用意し、爪の中心である一番幅の太い部分をカーブに沿って測っていきます。自分の爪のサイズに合ったネイルチップを選んでいきます。サイズに迷った場合には、修正のきく大きいサイズを選びます。

 

大きかった場合には、ヤスリで削っていきます。長さを変えたい場合には先端部分を削った後、サイドを整えて形を綺麗にします。幅を変えたい時も同様にサイドをヤスリで削っていきます。ヤスリを動かして削りますが、このとき爪に当てながら少しずつ削っていくことがポイントです。

 

根本が合わない場合にはヤスリは斜めに削ります。自分の爪の丸みに合わせて削ることで自爪とのフィット感が増します。
ネイルチップは、自分に合ったものでも水気を含むと粘着力が弱くなるため注意が必要です、