女性の爪を美しく見せる方法として、マニキュアが古くから多くの人に愛用されてます。

 

マニキュアのベースコート・トップコートについて

 

今ではネイルサロンで綺麗に施してもらう方法がありますが、格安で手軽に爪のおしゃれを楽しむなら、マニキュアの道具一式を揃えて、自宅でメイクをするのがおすすめです。

 

このマニキュアを塗るときに、ベースコートとトップコートという作業をするようになります。どちらも同じコートという言葉がついていますので、その違いについてわからないという女性は、おしゃれ好きな人の中にも意外にたくさん存在します。

 

基本的には、ベースコートもトップコートも、同じ成分が使われていますが、その機能に違いがありますので、間違えないように使用するのがポイントです。
まず、ベースコートの役割ですが、これは爪に直接塗ることになるものです。その上から色を塗るようになりますが、直接爪の上に色を乗せてしまうと、爪が色素沈着を起こすトラブルの元になります。この色素沈着を防ぐのが、トップコートの役目です。色が浸透しないように、爪全体を保護してくれます。

 

ベースコートは単に色素沈着を防ぐだけでなく、配合されている栄養成分によって、爪を健康に導く機能が備わっています。ビタミンEで爪の育ちを促したり、爪の凸凹を防ぐためのリッジフィラーの機能を持ったものなどが存在します。

 

トップコートは、色を塗った後の仕上げとして塗ることになるものです。主に色の光沢感を出したり、色が剥げてしまうのを防ぐなどの役割を持っています。爪に直接塗るものではありませんので、ベースコートのように栄養成分を含んだ高機能な製品はあまり存在しません。

 

ベースコートもトップコートも、それぞれ1回ずつ塗れば構わない存在です。但し、色については綺麗に仕上げるためにも、2度塗りをすることがすすめられています。マニキュアはムラなく塗るようにするのが、見た目の美しさの差になってあらわれますので、正しい塗り方をしっかりと覚えましょう。