ネイルチップを接着する前に爪のケアから始めていきます。

 

 

最初に両手を、ぬるま湯を入れた洗面器などでふやかし、甘皮や角質を柔らかくしておきます。長すぎる爪だとネイルチップを装着する際に接着しにくいので爪を短く切ります。爪先の白い部分が少し残る程度の短さがベストです。爪先は爪用のヤスリを使って形を整えます。ウッドスティックにコットンを巻き付け、水を含ませたもので甘皮を押し上げます。最後に、爪の油分を爪用の消毒液で拭き取ります。綺麗に爪を整えられたらネイルチップを接着していきます。接着する方法には3種類あります。

 

ひとつはネイルシールで接着する方法です。ネイルシールとは、爪の形をした両面テープになっているシールのことです。この方法は自爪を傷めず、ネイルチップを繰り返し使用でき、取り外しが簡単にできるというメリットがあります。ネイルシールは指を使って貼るよりも、ピンセットを使うと取りやすいし貼りやすいです。爪に貼る際には空気が入らないように気をつけましょう。もうひとつはワンタッチネイルを使用する方法です。ワンタッチネイルとは、ネイルチップに直接接着剤が付いているものになります。この方法は、爪にすぐに装着できることがメリットで、ネイルシールより接着強度が高めです。爪にワンタッチネイルを貼る際は空気が入らないように根元から爪先に向かって貼り、別の指で押し付けてしっかりと貼ることがポイントです。

 

最後は、爪用の強力な瞬間接着剤を使用する方法です。かなり強力な接着剤で瞬間で貼ることができてしまうため、接着剤を爪に塗ったら乾く前にネイルチップを貼り付ける必要があります。1回で成功できるように慎重に行いましょう。この方法は、しっかりと貼り付けることができるので取れにくいことがメリットですが、取り外しにくいことと、ネイルシールやワンタッチネイルを使う方法と違い、ネイルチップを繰り返し利用することができないことがデメリットとなります。

色々な種類のネイルを気軽に楽しむことが出来るネイルチップが人気になっています。

 

ネイルチップの接着方法は?保存方法は?

 

買うだけでなく、自作する人も増えており、いつのまにかネイルチップがたくさんになってしまったという人は多いのではないでしょうか。その際にこまるのが、どのようにネイルチップを保存すればいいのかということです。ここではネイルチップの保存方法について説明します。

 

ネイルチップを保存する際にはいくつかの注意点があります。一つ目はチップに傷をつけないことです。複数のネイルチップを一緒にケースに入れてしまうとチップが動くたびにチップ同士がぶつかることになるため、小さな傷がたくさん出来てしまいます。二つ目は光による劣化です。光が当たるところに長くおいておくと、ネイルチップにジェルを使用した場合に光に長時間さらされることでチップは劣化してしまいます。そのため、チップの保管場所は遮光された場所が優れているということが出来ます。三つ目は使用時のシールの粘着剤や接着剤をしっかりと落としてから保存するということです。そのままにしておくとチップが乾燥したり、ホコリが付着してしまい、チップの粘着力がなくなってしまうようになります。また、接着剤がべたべたした状態になり取れなくなることもあります。

 

これらのことを踏まえたうえでのおすすめの保存方法はファイリングするタイプのMDケースや100円均一のファイルケースです。ファイリングするタイプのMDケースは外側に緩衝材がついているのでチップの破損を防ぐことが出来るとして人気です。チップの保護だけでなく、遮光性もある収納方法なので一石二鳥です。上手に収納するとすべてのチップが見やすくコンパクトできれいな保存ができます。100円均一にはA4サイズのファイルケースが販売されています。その上に紙を敷き、両面テープなどでネイルチップを並べて保管する方法です。ネイルを置いた紙の上下に緩衝材を敷くことで、チップへの衝撃を防ぐことが可能です。