セルフジェルネイルの注意

 

セルフジェルネイルには注意点がある?

 

ジェルネイルは、セルフでも可能となっていますが、長持ちをさせたいと考えるのであれば、いくつかの注意事項を守る事が重要になってきます。
まず重要になってくるのが、甘皮のケアをしっかりとしておく事です。

 

ジェルをしっかりと硬化させておけば、それだけで爪から剥がれにくい状態になるというイメージを持つ人も少なくありませんが、甘皮の上にジェルが乗ったまま硬化させると、爪とジェルがしっかりと密着しない事になります。

 

その状態で爪が伸びると、爪ではなく甘皮の上に乗った状態になっていたジェルの部分が浮いてしまいやすい状態になります。
少しでも長くジェルネイルを良い状態に保つ為には、甘皮のケアをしっかりとしておく事が大切です。
そして、より綺麗に長持ちをさせたいのであれば、一手間かかる事になっても、ベースとトップをしっかりと塗っておく事も大切です。
ネイルを塗る時は、色やデザインばかりを意識する人は少なくありませんが、より良いネイルをする為には、ジェルを塗る前のケアや仕上げが重要になります。
更に、ジェルネイルは、オフの仕方も重要になってきます。

 

ネイル自体をとても綺麗に仕上げる事が出来ても、オフをする時に、自爪を傷めてしまったのでは意味がありません。
自爪を傷めないようにする為には、ネイルを無理に剥がす、やすりで削ってしまうという事を考えるのではなく、正しいオフの仕方を守る事が重要になってきます。
ジェルリムーバーやアセトンをコットンに染み込ませ、そのコットンを爪に乗せ、アルミホイルを巻きつけ、しばらく放置をして、ジェルが柔らかくなった状態で、ジェルを剥がすようにする事で、自爪を傷めずに、オフをする事が出来ます。

 

ただ、ジェルネイルは全く自爪に負担がかかっていないかといえば、そうではありません。
ですから、ジェルネイルを剥がした後、しっかりと爪のケアをしておく事も大切です。
それにより、より良いジェルネイルを楽しむ事が出来るだけでなく、爪を大切にしていく事が出来ます。