ジェルネイルをより長持ちさせたい!

 

ジェルネイルをより長持ちさせるには?

 

ジェルネイルをより長持ちさせる為の作業のコツがありますが、まずはルーススキンを取り除いておきます。ルーススキンがある状態ですとジェルを塗った時にもその上に乗っかる状態になってしまいますし、爪が伸びた時にも根本側から剥がれ易くなってしまうのです。事前に処理をしておくだけでより強固に硬化させることができます。
次にサンディングを行いますが、これは爪の表面を薄く傷付けることによってジェルとの密着度を高める為の作業です。その際にはサイドも忘れないようにしましょう。ジェルネイルはサイド側から外れてしまうこともありますので欠かさずに削っておいた方が良いと言えます。

 

なおサンディング作業をする場合は削り過ぎに注意しなければいけません。削り過ぎは爪に良くありませんし、それを繰り返してしまうとどんどん薄くなってしまいます。あくまでも表面的に削るだけですのでやり過ぎにならないように要注意です。もしサンディングに抵抗がある時にはベースジェルを使用するのも良いでしょう。ベースジェルは爪とジェルの密着度を高めてくれる働きがありますのでサンディング作業をせずとも良くなりますし爪への負担も軽減できます。

 

下準備ができたらジェルを塗っていきますが、その際にははみ出してしまった部分を取り除くように心掛けましょう。はみ出している状態で硬化させてしまうとその部分から浮き上がってきてしまいます。寿命を短くすることにもなりますので丁寧に塗っていくのが基本です。また、皮膚に付着した状態で硬化させると熱くなってしまい危険ですので、皮膚への付着がないかどうかも確認してから硬化させます。

 

カラージェルを塗る時にはベースジェルを先に塗っておくのもポイントです。先に塗っておけばカラージェルの持ちも良くすることができます。そして最後にトップジェルを塗っておきましょう。ジェルとジェルの隙間を埋める働きがありますのでより綺麗に仕上げることができますし、また、全体を保護してくれる働きもあります。